トップ > 配合成分について

配合成分についてComponent

  • 浜田 信城 先生神奈川歯科大学口腔科学講座
    微生物感染学分野

    グレープフルーツ種子エキスの効果について

    我々の口腔内には、1 mg の中に10億個の細菌が住み着いていると言われています。
    歯周病とう蝕は、いずれ も口腔内に存在する細菌が起こす感染症です。
    ミュータンス連鎖球菌をはじめとする口腔の細菌およびそれら の代謝産物によって構成される歯垢(プラーク)がう蝕誘発の直接的原因です。
    歯周病は、歯と歯肉の境目(歯 肉溝)における Porphyromonas gingivalis (ポルフィロモナス・ジンジバリス)をはじめとする嫌気性グラム陰性細 菌の増殖が歯肉の炎症あるいは歯周組織破壊の原因となります。
    したがってプラークを構成する細菌の歯面あ るいは歯肉溝での増殖を抑制することがう蝕と歯周病の予防に重要です。しかし、ブラッシングのみでは完全に プラークを除去することはとても難しく限界があります。
    グレープフルーツ種子エキスは、高い抗菌性とその効果 の持続性が実験で確認され、口腔環境を健全に保つことに有効であると考えられます。

  • 渡辺 秀司 先生歯学博士
    横浜薬科大学客員教授

    グレープフルーツ種子エキスで抗菌時間が長時間持続

    私たちの細胞は、化学合成成分よりも天然成分をスムーズに受け入れるように出来ています。
    グレープフルーツ 種子エキスは、歯周病予防効果でも注目されており、最近の研究では、化学合成成分を主原料とする市販の 洗口剤(医薬部外品)より、長時間にわたって細菌の増殖を抑えることが確認されています。

歯周病予防、インプラント周囲炎予防に効果的な使用方法

大口 弘先生大口弘歯科クリニック院長
医学博士

厳選した生薬、ハーブから作られた、毎日安心して使えるハーブオーラルジェルです。
歯ブラシ1本で口腔内を清掃するのは、我々歯科医師、歯科医療従事者でも難しいと 思います。隅から隅まで丁寧に磨けば3分間でも足らないくらいです。
歯みがきの泡立ちは磨いたと錯覚してしまい、多くの方が1分前後で済ましているのが 実情でしょう。また、過剰な研磨剤や研磨効果は、歯や歯ぐきを傷つけたり、歯周ポケット 内に停留するため、芳しくありません。
そこで、ハーブオーラルジェルには発泡剤や研磨剤を入れていません。
歯の汚れは歯ブラシによる刷掃効果で取り除けます。口の中の善玉菌を増やす効果で むし歯や歯周病を予防することを考えて作ったのがハーブオーラルジェルです。

  • 歯ブラシによる朝晩の歯みがき剤としてご 利用ください。
    磨いた後は水で軽る~くすすいで下さい。
    体に安全な成分で構成された歯みがき剤 ですので万が一飲んでも大丈夫です。

  • 歯ブラシによる歯みがきが難しい方 は、ガーゼなどに浸して、歯ぐきや舌 を軽くマッサージしていただくと殺菌 力による整菌効果が期待できます。

  • 入れ歯の方は入れ歯の端に軽く塗って そのまま装着していただくと、口腔内が 清潔に保てます。

マスティックのフゾバクテリウムに対する抗菌効果

マスティックには歯周病の原因菌のひとつでもあるフゾバクテリウムにも抗菌効果があります。
フゾバクテリウムは大腸がん大腸がん発生にも関与しているという研究報告がありましたが、それを裏付けるデータが発表されています。
大腸がん患者とそうでない患者さんを比較すると大腸がん患者さんのほうがフゾバクテリウムが多いことがわかりました。横浜市立大学医学部の報告では、大腸がん患者さん14名のうち8名がフゾバクテリウムを持っており(フゾバクテリウムは全ての人に存在するわけではありません)、そのうち6名の方が口腔内のフゾバクテリウムと同じものだとわかりました。
マスティックには胃がんや胃炎の原因であるピロリ菌の殺菌効果があることがわかっており、口腔細菌と腸内細菌の関係がこれから明らかになり、効果的な口腔ケア、全身病予防がみつかることを期待しています。

Copyright © 歯科医師がすすめるハーブオーラルジェル All Rights Reserved.